盆ちょうちん
あれこれホームページ



上足や下足の生地には、どういう種類の木が使ってありますか



塗り蒔絵の提灯には国内産の広葉樹のホウの木、ブナ、むく等が用いられていたが、最近では南洋材のアガティスが多く用いられれいる。

国内産の広葉樹は割安で木目も変化に富み堅硬だが、材面が荒く狂い、反りや曲りが多い欠点を持っている。

銘木といわれる提灯には、国内産の広葉樹の桜、欅、なら、樫等と唐木と呼ばれる東南アジアより輸入される堅木の紫檀、黒檀、鉄刀木(たがやさん)、カリン等が多く用いられる。

銘木・・・木目、色沢、形状、材質などが珍奇(ありふれていない)で、かつ特殊な趣を持ち骨董的な価値を持つ高価な木材をいう。

提灯で使われる銘木は、蒔絵の木地に対比して用いられ、多くは前記の唐木(黒檀、紫檀等)や桜、欅等の広葉樹を指す。

銘木の特徴は、堅木である唐木や広葉樹が主で硬材と言われ、組織が複雑で木目は変化に富み、材面は荒いがいったん塗装すると大変美しい光沢を発する。

亦銘木は提灯だけでなく、家具や仏壇等にも最近では多く用いられている。


針葉樹(常緑樹)・・・檜、杉、松、樅(もみ)、榧(かや)
 ・木肌は繊細で、キメが細かく柔らかな上、光沢を持ち白木のままでも美しく、昔から仏像やお菓子の折箱、
  白木の風呂、表札等、和風建築物や調度品に多く用いられている軟材である。
 ・提灯には白木の征に多く用いられている。

広葉樹(落葉樹)・・・桜、欅、楢、栃、栗、くるみ、樫、桑、椋、楠
 ・針葉樹の軟材に対して硬材と言われ、組織が複雑で木目は変化に富み、材面は荒いがいったん塗装をすると
  仕上げが極めて美しい。
 ・西洋における室内環境の構成は、広葉樹を基盤として成り立っており、日本の和風の伝統的な建築において
  は針葉樹が主となっている。




製造編の見出しへ  トップページへ