盆ちょうちん
あれこれホームページ



お盆にご先祖様をどの様な方法でお迎えするのか





宗派、地方によって違うが一般的にはまず13日に迎え火をたき、16日に送り火をたきます。各家庭では精霊棚とよばれるご先祖をお迎えする場所をこしらえて、さまざまなお供えをいたします。そしてお寺の僧侶さんに棚経という読経をしてもらう。

昔はお墓の前でつけた火を盆提灯に移し家まで運び、その灯火について家まで戻ってきたはずの精霊を今度は門前で燃やしオガラの煙とともに家の中の精霊棚まで導く。

しかしその後墓地と家がだんだんはなれ乗り物社会になると、迎え火のかわりに家の玄関前にお迎え提灯をぶらさげる様になった。

送り火は13日に迎え火によって我が家にお迎えしたご先祖の精霊を、再びあの世にお送りするための案内として用いた道しるべで、16日に行う京都の大文字焼きや長崎の精霊船はお盆の送り火として有名。

昔は16日に精霊にお帰りいただく時も迎え火とまったく逆の方法でお墓まで盆提灯を運び送った後、お墓でお迎え提灯を焼きましたが現在ではこの風習はすたれています。

死んだご先祖の精霊に提灯や灯籠の火が見えるはずもない。しかし何とかして迷わず家まで戻って来てくれる様にという古代の人々の願いから生まれたこの風習には人間の美しい心がこめられているのではないでしょうか。



歴史・由来編の見出しへ トップページへ