盆ちょうちん
あれこれホームページ



初盆、新盆、月おくれ盆、旧盆の違いについて説明して下さい。



初盆、新盆(にいぼん)とも言う、他のご祖先とはべつにその死者だけの供養をする。お盆はその家の昔の先祖全てのための供養なのですが、特に亡くなってから満1年を経過してない人が初めて迎えるお盆で特別にお飾りやお供えを盛大にしたり先祖代々の位牌とは別にその人の位牌だけを取り出して安置したりする。

初盆を迎えた家には葬儀に参加した人々の中の特に親しい人、お世話になった人が提灯や盆菓子、盆かごを贈る習慣がある。

はるか昔亡くなったご先祖方に比べつい最近まで家族の一員だった人に対しては追慕の気持ちも強く特別にもてなしたいという心から初盆の風習が始まったと考えられます。

江戸時代までは日本中の人々が7月15日を中心にお盆をしていたが、明治になって新暦(太陽暦)が採用されると、新暦の7月15日を中心に行うお盆を新盆という。(関東地方、熊本、静岡、鶴岡)等の一部地域。

しかし新暦の7月では当時の農家にとっては1年中で最も忙しい農繁期でゆっくりと先祖供養ができなかったにでまる一ヶ月遅らせてお盆の行事をする。これを月おくれ盆という。

この月おくれ盆がもっともおおく8月13日〜16日の月おくれ盆に故郷へ帰る人の多い。(九州、山陽、山陰、四国、関西、中部、東北、北海道等)

この月おくれ盆に対して旧盆とは文字通り、旧暦の(太陰暦)によるお盆で毎年月日が違う。

旧盆は新暦の8月末から9月のはじめにかけてのことが多いようですが、7月の新盆や8月の月おくれ盆に比べて覚えておくのに不便であるということもあって現在この旧暦によってお盆の行事を行っている地方は極めてすくないようです。(追記)沖縄では行われているようです。 



歴史・由来編の見出しへ トップページへ