盆ちょうちん
あれこれホームページ



盆提灯は伝統工芸品と言われますが、工芸品とはどういうことですか



盆提灯は芸術品なのかあるいは美術品か、亦民芸品や日用品とどう違うのか、何を魅力に訴えるのか、セーリングポイントは何か等の問があるが、これに答えるには工芸品としての盆提灯の性格を明確にしないと答えにならない。

辞書を引くと工芸品とは熟練した技で使いやすく、見た目にも美しく作られたものとある。

熟練した技・・・張り工程、絵柄の刷り込み、絵付、塗り蒔絵。

工芸は原則として絵画や彫刻の様になんらかの表象を造形化し、それ自体の美によって存在価値をもつものとは異なり一定の利用価値のある対象に装飾的価値をつけ加え、あるいはそれを美的に造形化することによって一層の利用価値を高めるもの。
  利用価値・・・・・先祖供養としての盆提灯
  装飾的価値・・・・蒔絵、絵柄、塗り、張り

しかし、工芸もしくは工芸的という用語は純粋でない美術、手先だけの技巧といった一種の否定的な意味がこめられているので注意を要する。
 美術品(芸術品)・・・主として鑑賞を目的。[絵画、彫刻等]
 美術工芸品・・・・・・美術的要素+実用的要素。[提灯、陶器、ガラス、木工、漆器、竹工等]


工芸品・・・用と美、機能と装飾を兼ね備えたもの。
1 使いやすさ(機能性)=用、性能、実用性、品質、ハード、一次機能
     丈夫か、破れないか、塗りがはげないか、もちが良い、虫に食われない、
     簡単に組み立てられる、風車がよく回る、かさばらない、口輪がよくはずれない、
     代用品より本物及び本物調、多目的提灯、倒れない、安定性、型の大小

2 見た目の美しさ(装飾性・造形美)=美、デザイン、ソフト、二次的機能
     塗り、蒔絵、目の細かい張り、継目が少ない、絵柄、構図、バランス、色合い、安定性、
     カラー、パッケージ、キャラクター、ワンポイント、優雅、風流、情緒、イメージ、
     ネーミング、風鎮、意匠

工芸品は右記の如く、機能と装飾、用と美が必ず要求されるが、機能や用に重きをおく時代もあれば、装飾や美に重きをおく時代もある。男性は比較的機能に、女性は 比較的装飾に重きをおく傾向がある。

機能性と装飾性の主従はいちがいに断定できないが、強いていえば機能と用(ハード)に対する要求が満たされて始めて、装飾と美(ソフト)への要求に目覚めるのが一般的である。

盆提灯もハードの機能品質面でほぼ完成され、今後はソフトの機能性、造形美がより一層要求されるのではないか。

装飾は他人の目を予想しており、見る人に快い印象を与え、賛美の気持ちを起こさせるのが目的である。

ただ注意しなければならないことは、この装飾性や造形美は最近の価値観の多様化に伴い、美意識の変化もあってなかなか普遍的なものはとらえにくい。

盆提灯で言えば絵柄、その構図、デザイン、色合い、パッケージの色等の装飾性、造形美は各人各様で多様化している。





製造編の見出しへ  トップページへ