盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯の紙はどういう種類を使っているか




以前は典具帖と呼ばれる美濃紙を使っていた。この典具帖は、岐阜県美濃周辺に育成している、楮(コウゾ)、三椏(ミツマタ)を原料としてなべし(粘着性を持たせるために使用する草木から出来る液汁)を加え製造される。この紙の特徴は、透き通るほどに薄くてやわらかく、強度もあり、美濃地方でしかできない特産品である。

典具帖は江戸時代にも若干使われていた様だが、今日の岐阜提灯に本格的に用いられたのは勅使河原直次郎翁の功績による。

(追記)最近は典具帖制作の職人の減少や価格上昇などの理由により機械紙のビニシン、ビニロンが多用されるようになってきています。
また、紙とは別に絹で火袋を張った提灯が大変人気を呼んでいます。






製造編の見出しへ  トップページへ