盆ちょうちん
あれこれホームページ


御霊前、御仏前、御供ののし紙はどう使い分けるのか



日本は神仏混交で仏教、神道が複雑にからみ合い、相互に影響しあって本来の意義があいまいになってきている
。本来の趣旨からすると、仏教は霊の存在は認めないので御霊前ではなく御仏前が正しいが、一般的にはどちらも混合して使われている。

地方や各店によってもまちまちの使い方があるので、そのところのしきたりに従うのが無難。

御供は仏様にも神様にもどちらでも良いとされている。





販売編の見出しへ トップページへ