盆ちょうちん
あれこれホームページ


絵柄は秋の七草が多いと聞いていますが何故ですか





火袋の絵柄は一般的に花鳥風月とされていて特に花柄が多い。近年は山水の絵柄も愛好されるにいたった。

花柄は秋の七草の萩、撫子、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、桔梗、が多く用いられたからでもあろう。

秋の七草が用いられる理由はよく分からないが、昔から盆のとき仏に供える花を盆花(ぼんばな)と言って、萩、桔梗、女郎花などの秋の七草がよく用いられたからではないか。

地方により、盆花のことを仏花、精霊花などともいう。

秋の七草とは・・・萩、尾花(すすき)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎花、藤袴、桔梗です。






製造編の見出しへ  トップページへ