盆ちょうちん
あれこれホームページ

      
提灯の由来・歴史・概説


 初盆の盛んな所では盆提灯はどのように売れているか。

 初盆の家庭には普通どれくらいの人が、何ヶ提灯を贈るのか。
 三親等内の親族及び親せきは贈る。
 
 盆提灯の初盆用と普通の盆用の売上構成はどれくらいですか。
 正確な統計はないが初盆用90%、盆用10%以下。

 盆提灯の商品の特徴、特性を説明して下さい。

 大内行灯、住吉提灯、御殿丸、御所(岐阜提灯)のネーミングの由来は何かあるのか。
 特にはっきりしないが、宮廷、神社行事のお盆にちなんでつけたのではないか?

 多くのお祭りには提灯が飾られている場合が多いが何故か。    
 神事としての祭りの依代として必要となってきた。

 月おくれ盆の地方で7月30日に亡くなった人の初盆は今年か、来年になるのか。
 35日、49日の法要を基準にして決める所が多い。 

 身内でないけれどお世話になった者だが提灯を贈って良いか。  
 身内でない他人でも亡き人へ贈ってよい。

 初盆でない普通のお盆にも提灯を飾ってよいか、贈ってよいか。   
 贈って良いし、飾っても良い。

 初盆にはどういう提灯がよいか。初盆用の提灯があるのか。    
 全ての提灯が初盆用でありお盆用である。

 お盆と初盆はどう違うのか。              
 お盆・・・過去全ての先祖の供養。
 初盆・・・他の先祖とは別にその死者だけの初めての供養。

 お彼岸や法事や命日に提灯を飾りたいが良いか。     
 大いに結構です。

 一年中仏様の前に提灯を飾っていて良いか。      
 良い

 初盆やお盆が終わってもそのまま提灯を飾っていても宜しいか。  
 良いが地方のしきたりも考慮する。

 初盆やお盆に提灯を飾らないとバチがあたるか、たたりがあるか。
 たたりはないが心の姿勢の問題である。
 
 お盆に提灯をどうしても飾らなければいけないか。
 飾らなければならないという絶対的基準はない。

 お盆と提灯はどういう関係にあるか。お盆に何故提灯を飾るのか。  
 祖霊供養の養のお盆、その祖霊の送迎のための目印としての提灯。

 お盆に提灯を飾る風習はいつ頃始まったか。誰がこの風習を作ったか。
 鎌倉時代に始まり、本格的に庶民に普及したのは江戸時代。
       
 お盆は日本ではいつ頃から行われてきたか。  
 推古天皇(606年)から始まり、庶民に普及したのは江戸時代から。

 初盆、新盆、月おくれ盆、旧盆の違いについて説明してください。

 お盆にご先祖様をどの様な方法でお迎えしますか。   
 宗派、地方によって違った形式があります。

 お盆について説明してください。
 先祖の苦しみを救いたいと願う心から生まれた行事です。

 九州では初盆の時、多くの提灯が飾られるそうですが何故でしょうか。
 昔からの習慣で詳細はよく分かりません。

 提灯の有名な産地はどこですか。
 盆ちょうちんは福岡県八女市の八女提灯、岐阜県岐阜市の岐阜提灯が本場です。
 祭礼提灯は各地にあります。

 提灯の種類はどんなものがありますか。
 用途別と使用形態とに分類してみると色々あります。

 何のために提灯は作られ、どういう目的で飾るのでしょうか。
 最初は照明具としての実用品、後に仏教伝来と共に先祖供養としての献灯具。

 提灯はいつの時代からあるのでしょうか。
 900年前の平安末期に発生し、庶民が本格的に使用し始めたのは江戸以降。

   

 トップページへ