盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯はいつの時代からあるのか




中国から渡来したのか、日本で創られたのか定かでない。

日本で一番古い提灯の文献は応徳2年の「朝野群載」に見えている。(900年前の平安末期)

元仁年間の鎌倉初期(750年前)の「秋の夜の物語」に「ぎようなうのちゃうちん」とあるが、現在の提灯と共通しているのか、違っているのかよく分からない。

江戸時代以前、提灯は主として天皇家・貴族・武家・僧侶の上層階級で使われ本格的に庶民が宗教的儀式のお盆や日常生活の照明器具として使い始めたのはローソク(従来は油)が大量生産になって安く入手できるようになった江戸時代以降の様である。

上記の上層階級の提灯の使い方は従来の松明に替わって紙と木の覆いをつけた灯台、あんどんのような実用品としても使っていたが、多くは宗教的祭礼や儀式として石灯籠・釣灯籠・切子灯籠のような仏前に供える献灯具となっていた。


 

歴史・由来編の見出しへ トップページへ