盆ちょうちん
あれこれホームページ


盆提灯の商品の特徴、特性を説明して下さい



年に一度しか商機のない季節商品、いわゆる際物(きわもの)である。

一般の消費財と違って普及率は商品の所有率、保有率を意味するものではなく、提灯を贈る、又は飾る習慣、しきたりの多少をいう。

年に一回しか飾る時期がなく、しかも人生にそう何回も必要としない仏具商品なので、消費者に商品知識が少なく、又消費者からの要望も少ない。

仏具商品なのですぐ俗説、迷信に支配されやすい。

たたり、バチがあたるという怨霊信仰の影響も強く又、仏事、神事のしきたりが地方まちまちなので誤解や行き違いが生じるので、メーカーや販売店は地方のしきたりをよく把握して、客すじにしっかりした基準を示す必要がある。

仏、死者、葬式のイメージが強いので積極的な販促、宣伝がしにくい。尚、商品の性格上宣伝しなくていいという固定観念が強い。

贈答商品の性格が強い。初盆商品としてよく売れる地域では完全に贈答品となっている。

年に一度しか販売機会のない季節商品なので、売り尽くしが原則。但し、流行性、嗜好性が弱いので在庫は翌年廻しも可能である。

手工業的な要素が強く、従って新製品開発にはリスクが少なく模倣されやすい性格がある。

手工業であり、かつ比較的市場規模が小さいので一面には参入が容易だが、大企業からの参入に魅力がある程の市場規模ではない。

製品完成までの五百近くの工程の殆どが手作業によるので完成までに3〜4カ月かかり、従ってコストも他の贈答品より割高。又品切れがあってもすぐ追加生産が間に合わないので品切れ発生の比率が高くなる。

宣伝をあまりしない、しにくい、又生活必需品でないのでメーカーのブランド支配力は小さい。従って、セールスをつければ多少の製品格差があってもほぼ対等に売れる。

お客様からの指名買いは少ない。

手作り家内工業の要素が強いので、家業の後継者不足に悩んでいる。



歴史・由来編の見出しへ トップページへ