盆ちょうちん
あれこれホームページ



お盆と提灯はどういう関係にあるか。お盆に何故提灯を飾るのか



お盆はあの世で苦しんでいる先祖が成仏するための祖霊供養の日。その祖霊が7月13日にあの世からこの世に来て、7月16日にあの世へ帰るという祖霊信仰の影響で祖先の霊や仏様が帰って来る目印や、戻って行く道を照らすための心づかいが子孫の人々に自然に発生し、その目印として提灯の灯火(お迎え提灯)が必要と考えられたのではないだろうか。

報恩経によれば祖霊が来るのは14日の卯時(午前6時)、去るのは16日の午時(正午)とされている。

古来の神道、祖霊信仰では精霊、祖霊、死者の霊は概して不浄で恐るべき存在であり、これを駆逐するためには火祭のような荒々しい行事が発生した。しかし一方では矛盾はしているが精霊、祖霊が子孫の手厚いもてなしに満足して来年もござれと言われつつ送り火に道を照らされて帰っていく霊のためのお盆の行事が盛んになったのである。

神としての祖霊、精霊、死者の霊や仏様は形がなく目にみえないが、人間自然の感情として形のない神様、仏様に供養したり、感謝したり誓願したりするためには、心の中で祈るだけだは不十分でどうしても形のある何か対象物としての用具が必要となってくる。そうして発生したのが神道でいう依代(よりしろ)で祭場に柱を立て神の居場所を作って、そこに神を招き祭を始めた。

これが祭のルーツで榊、じゅず、御神木、御輿、文旗、人形が代表的な依代でその他、お線香、ローソク(灯明)、お花、お供物、提灯、仏壇、お墓、神壇等の仏具神具も形のない神様、仏様に供養、感謝、誓願の心を捧げる依代となる。

心は形を求め(必要とし)、形は心をおし広める(豊かにする)。

上記の聖句の如く、私達人間は供養、感謝、親切、奉仕という心を持ってもただ心の中でそう思ったでけだは不十分で満足できず、(心の中では如何様にでも思える)何かの形に表さないと承知できないのが自然で古代我々の先祖はその形としてお茶の心は茶道で、お花の心は華道に、剣の心は剣道、お世話になった感謝の心は歳暮、中元という形で表現して来た。

そしてその形を真心こめて行えば単なる形式とならず相手にもその真心が伝わるのである。

提灯は祖霊送迎の目印として、必要だけでなく、祖霊が成仏して苦しみからのがれること、そして生前のご恩を感謝することを提灯の灯火という形式を通じて真心こめて行えば、その形式も立派な行いとなり、先祖も成仏するのではないか。いいかげんにお祭り気分や習慣しきたりだから仕方なく行っていては単なる形式に終わってしまって、先祖も成仏できない。要は形式でなく心の問題と謂われるゆえんである。


     

歴史・由来編の見出しへ トップページへ