盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯の種類はどんなものがあるか



   用途別に分けると
    ○ 照明具として(照明効果は一般的に乏しい)
      ・室内装飾・・・インテリア用提灯
        民芸スタンド、ランプシェードなど

      ・宣伝用提灯
        堂島型、尺五型などの長ちょうちんの他屋外用として比較的風雨に強い各種ビニール製
        ちょうちんが使用される。

      ・贈答用民芸提灯
        各種のデザインを付した弓張りちょうちんやミニサイズのいろいろの型のちょうちんが
        贈答用として愛好される。

      ・お盆提灯
        御所提灯、大内行灯、回転灯、清閑灯、切子灯籠、蓮華灯、御殿丸、住吉提灯、お迎え
        提灯、変形提灯

      ・祭礼用提灯
        尺二堂島、尺三堂島、尺六堂島などが一般的に使用される。

      ・葬儀用提灯
        回転灯、その他各種の行灯が霊前に供される。

      ・神前具
        代表的なものとして稲荷提灯、かんすなどがある。この他神前用として各種の型の
        提灯が用いられる。


    使用形態別に分けると
     ○ 挑 澄(挑灯)・・・上からさげる、上からつるす、別名つりちょうちんと言われた御所
       提灯、博多長、住吉、御殿丸、つり回転、変形提灯、清閑灯、切子灯籠、釣り灯籠、お迎
       え提灯
       ・部屋が狭くなっている最近、空間利用として見直されつつある。

       ・お迎え提灯は初盆の風習の盛んな所で初盆用として飾られる。

       ・御所提灯はいわゆる伝統的岐阜提灯として古くから全国で愛用されている。

       ・住吉、御殿丸は初盆行事の盛んな九州、山陽、山陰地方、及び茨城県で主として愛用さ
        れている。

       ・切子灯籠・・・大分県中津の切子が有名でその外全国各地のその土地特有の切子があり
        お迎え提灯として使用されている所が多い。

       ・変形提灯・・・提灯の形もユニークですが使われ方もユニークで一般的には七夕の装飾
        用としての使用例が多いようですが北海道をはじめ一部の地域ではお盆用として仏間に
        飾られ、兵庫県の白浜地方では初産祝い(初節句)のプレゼントとして8月の七夕の日
        に使用される。

       ・清閑灯は納涼用として縁側、のき下に飾られ夏の風物詩として愛用された。

     
     ○ 提 燈(提灯)・・・さげちょうちん、手にたづさえる
       弓張提灯、小田原提灯、御用提灯、籠提灯、箱提灯、ぶら提灯、お忍び提灯、車夫提灯

       ・小田原提灯、弓張提灯は現在では昔のような使用目的を失い、民芸用やアクセサリーと
        して使われる。

       ・籠提灯、箱提灯、ぶら提灯、お忍び提灯などは過去の提灯となり現在では使われていない。

     
     ○ 行 燈(行灯)・・・おきちょうちん
       室内灯、固定された照明具、俗に「あんどん」と呼ばれている。
       大内行灯、廻転灯(回転灯籠)、軒先行灯、高張り提灯、民芸スタンド、高置行灯、遠州
       行灯、六角行灯、隅切行灯、有明行灯、雪洞(ぼんぼり)

       ・行灯は灯籠あんどんとも言い紙と木の覆いをつけた灯台で室内用として江戸時代に入っ
        て広く大衆化していった。

       ・軒先行灯、高置行灯、遠州行灯、六角行灯、隅切行灯などはいわゆるあんどんと呼ばれ
        室内の固定された照明具として江戸時代以降庶民に愛用され、現在では民芸スタンドと
        してその形態をとどめています。

       ・大内行灯・・・岐阜提灯の元祖、勅使河原直次郎翁によって明治中期に開発され、三本
        脚の安定した美しさに置きちょうちんの王者で盆用ばかりでなく葬儀や室内インテリア
        、納涼用として内外に広く愛用されてきた。

       ・廻転行灯・・・略して廻転灯とも言い昔の色あざやかな美しい回り灯籠の現代版である。
        盆用はもとより、葬儀用としての需要が最近多くなり又、納涼用、七夕用としても使わ
        れる所がありる。


    行灯と灯籠の違い

       灯籠は本来、灯明を入れるための「かご」から出発し紙と木の覆いをつけた灯台である。も
       とは夕方に本が読めなくなると風で消えないようにまわりをかこって中に火をともしそれ
       で勉強を続けるために用いた照明器具として僧侶が使っていた。

       その後仏教の普及と共にその影響を受け神社仏閣に石灯籠が使われ、それが発展して切子
       灯籠、牡丹灯籠、回り灯籠、高灯籠の如く神前や仏前に供える献灯具(仏具)として発達
       した。

       室町に入ると茶道の影響を受けて庭灯籠として観賞用としても使われ江戸時代以降は室内
       の照明、あんどんとして庶民に広く愛用され、今日では民芸スタンドとしてリバイバルブ
       ームを起こしている。

       昔の灯籠は現代では殆ど見られなくなり漢字も灯籠から行灯となって大内行灯、廻転行灯
       として新しく生まれ変わっている。

       ちょうちんの表現法は挑燈、挑灯、提燈、提灯、行燈、行灯、灯籠、灯篭、吊灯篭、あん
       どん、置灯篭、輪灯、雪洞(ぼんぼり)、など多くありますが要するに使用方法の違いか
       らくるおきちょうちん、つりちょうちん、さげちょうちんの3種を総称して現代ではちょ
       うちんと呼んでいます。
     


 
歴史・由来編の見出しへ トップページへ