盆ちょうちん
あれこれホームページ


火袋のヒゴには何を使ってありますか




提灯のヒゴに適した竹は淡竹と言って直径15cmほどで3年目か、4年目くらいが最適。又節間が長い程良いとされ、暖国の九州産がこの条件を満たし、岐阜産から九州産へと移行している。

しかし現在では竹が少なくなったのと、細いヒゴを作るだけの技術を持った人が少なくなり、代用品として細い軟鋼線の上にビニールを巻きその上に紙を巻いた線で竹ヒゴの代わりとしている。

(追記)この他、アルミ合金線に紙を巻いたものや最近になって樹脂系のヒゴも開発されています。八女提灯も岐阜提灯も共に国指定の伝統的工芸品に認定されていますが、この伝統的工芸品を作るにあたっては火袋に昔ながらの細い竹骨を使用する必要があります。
    




製造編の見出しへ  トップページへ