盆ちょうちん
あれこれホームページ



吊物が良いか、置く物が良いか、どちらを贈ったら良いか



吊物(つり物)はどこに飾り、置き提灯はここに飾ってはだめという特別のきまりは、全くない。お客様の予算、先様の都合を考慮してどちらを贈っても良い。

一般的にはスペースの関係で置き提灯の大内行灯や廻転灯の比重が多く、吊提灯は30%ぐらいを占めている。

ただこれも地域差があって、関東や関西、中部地方は比較的吊物の岐阜提灯が多く愛用されている。

九州などの初盆の盛んな地域では、仏間いっぱいに置き提灯が飾られ、その上空間を利用して御殿丸、住吉、博多長などと称せられる大型の吊提灯が仕様される。

また先様の事情がよく分からない場合は、置きの大内行灯と岐阜提灯、その他の吊物をミックスして贈られる方も結構いらっしゃいます。

置き提灯の最近の傾向としては、都心部では小型のものがよく売れている。土地が高く、マンションの仏間は特に狭い、従って仏壇も小型化し、仏壇とバランスをとるために小型の提灯が求められてきたのである。




販売編の見出しへ トップページへ