盆ちょうちん
あれこれホームページ


お盆は日本ではいつ頃から行われてきたか




盂蘭盆行事がわが国の宮廷で行われたのは推古天皇(606年)14年7月25日斎会を設けたのが初めとされ、斎明天皇(657年)3年7月15日に飛鳥寺で盂蘭盆会が催された。

江戸時代以前のお盆行事は、武家、貴族、僧侶、宮廷の上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。

江戸市中の盆風俗は12日に盆の支度の草市が立ちこれで盆棚を飾り、13日には夕方までに寺参りをし迎え火をたき盆灯籠を下げ精霊を迎えた。盆中は精進を守り、僧侶の棚経があり15日の夕方送り火をたく。16日の早朝「お迎い、お迎い」と呼んで近郊のお百姓などが盆棚の飾りやその供物類を集めに来て川岸に回した小舟で運び去る。その集めることを仕事にしている人をお迎え屋と呼んだ。

有名な江戸新吉原の玉菊灯籠は名妓玉菊の初盆から始まった行事といわれるが、6月晦日から7月中、引手茶屋の軒下に盆灯籠(切子灯籠)をかけ連ねて供養した。

中国の盂蘭盆会は仏教的行事から道教に取り入れられ7月15日の中元の日にはもろもろの供え物を聖衆に献じ、道士はその夜講誦を行った。その功によって囚徒、餓鬼は飽満し衆苦をまぬがれ人中に還るを得るとされた。

元、明時代から中国でもお盆に灯籠、提灯が用いられる様になった。灯籠流しも一部地方では行われていた様である。


     

歴史・由来編の見出しへ トップページへ