盆ちょうちん
あれこれホームページ



兄弟で組んで贈る場合はどういう提灯で、又いくら位の値段の物がよいか



おじ、おば、両親が亡くなった場合、そのおい、めい及び子供の提灯の贈り方は、昔は各人がそれぞれ贈っていたが、最近の傾向として、兄弟がまとめて高価な物、翌年以降のお盆にも使える良い物を贈る人が増えてきている。

そういう場合、どういう提灯を贈るべきかは特にきまりはないが(吊でも置きでも良い)、九州などの地域では、家紋入りの高額品を贈る人が多い。     情報提供者追記  提灯に家紋を入れるのは全国的に広がっています。

値段の問題にはまず予算を決め、その予算の範囲内で大内にするか、廻転にするか、又対か1ヶで贈るかを決める人が多い。

平均は対20、000円前後だが、兄弟でまとめて高額品を贈る場合は、40、000円〜60、000円の人も結構多い。




販売編の見出しへ トップページへ