盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯の製造について 


 盆提灯は先祖供養のために飾るとのことですが、先祖供養の意味がよく分かりませんので説明
 して下さい。
 先祖に供養して、この世の全ての人や物に感謝する心を養う。

 先祖供養とか針供養、開眼供養という言葉が使われていますが、供養という言葉の意味を説明
 して下さい。
 要するに人や物を大切にし、感謝の心を持つことを言う。  

 工芸品の盆提灯は又先祖供養の仏具とも言われますが、工芸品と仏具はどういう関係になりますか。
 工芸品ばかりでなく、仏具ちしての機能も重視していく。
    
 盆提灯は伝統工芸品と言われますが、工芸品とはどういうことですか。
 熟練した技で実用性と美術性を兼ね備えたもの。

 上足や下足の木地には、どういう種類の木が使ってありますか。 
 蒔絵の木地は南洋材、銘木は唐木と広葉樹。

 提灯の図柄は花が多いが何故か。花でないといけないのでしょうか。 
 仏具なので、供花からの連想で描かれるのではないでしょうか。 
 
 絵柄は秋の七草が多いと聞いていますが何故ですか。 
 お盆前後の季節感に、秋の七草がよく取り入れられた。また、涼感をさそう野草でもあるからです。

 製造上、苦労する点は何ですか。
 手作業の工芸品なので、細かい技術が要求されます。

 製造工程はいくつぐらいありますか。
 約500程あり、殆どが手作業です。
 
 火袋のヒゴには何を使ってありますか。
 昔は竹でしたが軟鋼線やアルミ線に替わりました。

 提灯の紙はどういう種類を使っていますか。
 以前は典具帖と呼ばれる美濃和紙を使っていました。最近ではビニロン紙が多く使われています。
 また、絹張りも増えてきました。



 トップページへ