盆ちょうちん
あれこれホームページ


何のために提灯は作られ、どういう目的で飾るのか




提灯はもともと火をともして携えていく火器のことで鎌倉・室町時代から用いられた。それ以前は松明をかざして外出し来客の時はかがり火をたいた。

日常生活での実用品として作られた様だが初めのうちは武家・貴族・僧侶の上層階級の間で夜間の足もとの照明用や客の送迎用灯火として使われていた。

一方で従来の伝統的神道や古来からの民族信仰の影響や仏教の普及と共に先祖や先祖の霊を供養する灯として、又は仏前に灯火を点じて仏を供養する献灯具、即ち宗教的祭礼や儀式としての仏具の需要が多くなった。

具体的には神社仏閣によくみかける石灯籠、それにヒントを得て発展した切子灯籠・牡丹灯籠・回り灯籠・比叡山、高野山にある常夜灯、お盆や墓に飾られた高灯籠などの歴史を経て江戸時代になって庶民に本格的に照明具としての実用品や、仏具としてお盆に広く使われるようになった。

宗教的儀式としての使われ方は仏前に多くの提灯(灯籠)の灯火を点じて衆生の罪障を懴悔する法会の千灯会、万灯会が各地の多くの寺院で行われ現代に至っている。

奈良の法華寺の千灯会、北野神社の万灯会など、今日行われている万灯会には必ず提灯が使われている。古代の万灯会は松明やかがり火が使われていた様である。

しかし、万灯会も次第に大衆に普及するにつれて、本来の宗教的意義が失われ、夏の夜の盆踊りに見られる如く、今日では庶民が参加して楽しむレクリエーション的行事となってきている。

仏前への仏具としての灯籠が一般の人々の庭灯籠として用いられる様になったのは茶庭が作られるようになった室町以降のことである。

比叡山や高野山に数多く並んでいる灯籠を見ると昔の人々は信仰の表現として心から灯明を仏に捧げていたことがよく分かる。火は古代から現代までさまざまな意味で不可欠で特に仏教の場合、人の心を明るく照らし仏の智恵を象徴するものとして重要視された。

こうして最初は実用品としての照明具から出発した提灯は552年、百済から仏教伝来と共に先祖供養、仏供養としての仏具(献灯具)として生まれ、江戸時代以降庶民の間にも広く愛用され現代では照明具としては装飾宣伝用提灯へと変化発展し、仏具としてはお盆、特に初盆用として数多くの需要をかちえて本来の宗教的意味を保っている。
 

 
歴史・由来編の見出しへ  トップページへ