盆ちょうちん
あれこれホームページ


神道でも提灯を飾りますか。提灯を贈ってよいか




古い歴史のある神社神道では、古来から伝わる祭礼の行事に、御神燈やその他の提灯を多く飾る神社が多いが、先祖供養のためお盆に盆提灯をどの程度飾るかはよく分からない。

明治以降できた信仰神道の各派は、清潔質素を旨としているので、先祖供養は盛大に行いますが特別に初盆の日に提灯を飾って供養するしきたりのない宗派が殆どである。

我々は表面上は江戸時代以降、檀家制度によって強制的に仏教徒にさせられているが、同時に近くにある神社の氏子になっている場合が多い。ここでも神仏混交が見られ、信仰心の厚い人は一つの家に仏壇だけでなく、神棚も飾っている方が結構多い。

そういう信仰心の厚い神仏混交の考え方に共鳴される方は初盆の時に、仏様用だけでなく神様用として白木の盆提灯を自らお買い求めになったり、贈られたりする場合がある。

神道も仏教も共に先祖供養を行うが、神道は主として先祖様(祖霊)を対象とし、仏教ではもう少し巾広く先祖を含んだ仏様を対象として供養する。

神道では昔から死霊、死者は不浄で忌み嫌うべき存在で、清浄無垢の白いもので清めるべきだという考え方から、神道では白木の提灯がよく用いられる。



販売編の見出しへ トップページへ