盆ちょうちん
あれこれホームページ



盆提灯を土産として使いたいのですが、失礼ではありませんか



盆提灯はもともと先祖供養のための仏具として生まれ発展しているので、仏様、葬式、弔事のイメージが強く慶事には殆ど使われない。

しかし本来の仏具は慶事にも使ってよく、楽しい時、嬉しい時にも仏壇の前で感謝の心で手を合わせる事は、すばらしいことです。

盆提灯も最近では彩色もカラフルになり、デザインも現代的になって、仏具にこだわらない若い人の中にはちょっとした部屋のアクセサリー、装飾や納涼用として贈る人が多くなってきています。

姫路の白浜地方では七夕の夜に初節句祝として、盆提灯が盛んに飾られています。

又、最近では日本ブームもあって盆提灯が海外への土産として出るようになってきた。

明治、大正時代には盆提灯が輸出用としてもかなりの需要があった。

祭りに使う提灯も本来は先祖供養、祖霊供養としての仏具、神具であったが、時代の変化と共に現在ではレクリエーション化して、観光、慶事の色彩が濃い。

お盆も先祖供養、死者供養としての弔事だが、昔は慶事としてのお盆も各地にあった。それを生盆(いきぼん)、又は人間の盆といってめでたい行事とされていた。

然しながら、大部分の人はまだ弔事としての仏具のイメージを持っているので、土産として贈ってもよいがこだわる人には注意して下さい。




販売編の見出しへ トップページへ