盆ちょうちん
あれこれホームページ



先祖供養とか針供養、開眼供養という言葉が使われていますが、供養という言葉の意味を説明して下さい



供養は供給資養の略。供給(くきゅう)はお給仕、資養は元手(もとで)、助けるの意味。即ち仏様にお給仕することが生きている我々の心の成長(元手)になるという意味。


供養の種類・・・仏教の説教上、いろいろな供養の考え方がある。

二種供養について
財供養(財施)・・・物質的・有形的
  線香、ローソク、お花、飲物等の財物を供える。
  盆提灯を贈り飾ることも財供養になる。

法供養(法施)・・・精神的・無形物・無財施
  教説に従って修行し、人々を益する行為。
  盆提灯を通じて先祖供養の大切さを話し合ったり、感謝の心を養って親孝行することは立派な法供養にな 
  る。

三種供養について
利供養
  香華(線香、お花)、飲食等財物を供える。
  盆提灯を贈ったり飾ることは利供養になる。

敬供養・・・讃嘆恭敬(さんだんくぎょう)する
  お仏壇にお参りしたり、墓そうじ墓参り、盆提灯を飾って先祖を偲ぶ心を養ったりすること。

行供養・・・仏法を受持、修行すること
   六波羅蜜(布施持戒忍辱精進禅定智慧)を実行する。
  布施・・・人に施すこと(贈答、親切、笑顔を相手に与える)
  持戒・・・いましめを守ること(規則を守る、礼儀、エチケット)
忍辱・・・耐えること(しんぼう、忍耐、我慢)
  精進・・・努力すること
  禅定・・・心を鎮め、自己反省する、謙虚になる、相手をたてる
  智慧・・・正しい真理に基ずく考え方や生き方をする
要するに六波羅蜜の実践とは、我々が日常生活において人間関係を円満にしたり、社会生活を円滑にするための最小限の道徳や礼儀を行うことを意味する。

六種供養について
  仏壇やお墓参りの時に供えられる。
水・・・全ての物を生育するのに必要・・・・・・・・・・・・・・・・・(布施)
塗香(ずこう)・・・身体に塗る香水で悪臭を除き心身を爽快にする・・・(持戒)
花・・・人の心を和らげ、怒りを鎮める・・・・・・・・・・・・・・・・(忍辱)
線香・・火のついている間は芳香を漂わせる・・・・・・・・・・・・・・(精進)
飲食(おんじき)おはぎの如き供物で、満腹の時は気分が落ち着く・・・・(智慧)

追善供養について
死者の冥福のためにする供養=命日、法事、葬儀。

施餓鬼供養について
餓鬼道に落ちて飲食に苦しんでいるものたちに、さまざまな飲食を施すこと。
同時に自分自身が、人間として生まれたことの喜びを表現し、さらに長生きを願うということ。

開眼供養について
仏壇を新調したり、ご本尊をおまつりする時の魂入れ。

開題供養について
新たに経文を書写してこれを供養する。

その他、虫供養、うなぎ供養、魚供養、人形供養、針供養、包丁供養等の供養は、人ばかりか(追善供養)人以外の生物や物(道具)を大切にすることをいっている。

少年時代ご飯を残したり、物を粗末に扱うとひどく怒られたものである。物を大切にする、物に感謝することを仏教では供養という。

人ばかりか物を大切にする精神から尊敬、礼拝、感謝の気持ちが生まれ、他人や物を大切にすることがひいては自分を大切にすることにつながる。

昔の人が人情こまやかだったのは、どうも物を大切にしたということからきているのではないか。

財物供養(財施)には種々の批判が起こり、供えられる財物(提灯)の多少が功徳の大小に関係すると思っている人も多い。

しかし、たとえ提灯一個でも心をこめて贈れば供養になるという考え方もある(貧者の一灯)。

華厳経には財宝、飲食、衣服のごときは真の供養にあらずと説かれ、それに対し、仏法に従い慈悲心をもち善行をなすことこそ、真の供養と説かれている。




製造編の見出しへ  トップページへ