盆ちょうちん
あれこれホームページ



初盆の家庭には普通どれくらいの人が、何ヶ提灯を贈るのか




初盆の盛んな地域では三親等内の人々、及び亡くなった人の配偶者の兄弟が提灯やその他の供物を初盆家庭に贈答する場合が多い。

またこれら地域では、初盆家庭に6ヶ(3対)贈られる様である。

初盆家庭に供物をする三親等内の数は正確には分からないが、10〜15世帯ではないか。(大体、兄弟、おい、めい、亡くなった人の配偶者の兄弟)

最近では初盆をより簡素にという時代の要請を受けて兄弟姉妹やおい、めい同志でまとめて良い物を一つ(1対)という贈答形式が多くなりつつある。



歴史・由来編の見出しへ トップページへ