盆ちょうちん
あれこれホームページ



盆提灯は先祖供養のために飾るとのことですが、先祖供養の意味がよく分かりませんので説明して下さい。



日本人は先祖を大切にする国民であるとよく言われます。最近では先祖供養など、お年寄りにまかせておけば良いと思う人もいるが、それでは何か満たされないものがあることに気づく人が増えて来ている。

もちろん先祖供養をするかしないかは、その人の考え方次第です。供養というのものは、法律的に定められた義務ではないし、それをしないからと言って何か罰則があるというわけでもない。

かつては先祖の供養をしないとたたりがあるとか、バチがあたる、さらには先祖の霊魂が成仏できないと信じられていたが、現在ではその様な理由で供養する人間は極めて少数になっているのも事実です。

もっとも死者に対してでなく、社会的慣習としての先祖に対する供養を怠ると世間体が悪いし、親類、知人、友人などの生きている人たちから後ろ指をさされるからという理由で、無理をしてでも盛大な法事を営んだり、立派なお墓を建てる人が多いのも事実です。

先祖供養の最大の理由は、先祖に対する報恩感謝の表現なのです。自分と縁のあった先祖の人々が、死後の世界においても安らかなれと願うことがもう一つの供養の意義なのですが、そのことは同時の報恩感謝の具体的表現でもある。

また先祖供養には亡き人を偲んでとか、亡き人と縁のあった親類、縁者、友人、知人などが一同に会して親交を深めるという理由もあるが、これも亡き人に対する感謝の気持ちがなければできないことです。

先祖供養とは現代社会から失われた感謝の心を育てるものです。今日の自分があるのは他ならぬ先祖の人々のおかげであり、そのご先祖を供養するとは自分をあらしめてくれた全ての人達に感謝することになるのです。

何をやってもうまくいかない、夫婦親子関係にすき間風が吹くなども他人への感謝が失われた結果であり、死者を供養するとは生きている私達自身のためでもあるのです。先祖供養によって感謝の心を取り戻すことがより豊かで、幸福な人生を我々にもたらしてくれるのである。

いずれにせよ、人は誰でもいつの日にか死んでいかなければなりませんし、死んでしまったら、先祖の一人として子孫によって供養されることになるのです。その日が来るまでは私達と縁の深かったご先祖方を子孫の一人として、十分に供養し、私達の子孫にも先祖供養の方法と意味を伝えていくことが大切ではないでしょうか。

盆提灯を飾って心の底から先祖供養をすれば先祖への感謝の心も自然とわいてきて、そうなればこの世の全ての人や物に感謝できる様になるのではないでしょうか。




製造編の見出しへ  トップページへ