盆ちょうちん
あれこれホームページ


九州では初盆の時、多くの提灯がかざられるそうですが何故ですか
    


盆提灯のよく飾られ、売れる所は大体初盆の行事を盛大に行う地域である。初盆を特別に盛大に行わない地方や家では提灯をあまり飾らない。従って、九州、山陽、山陰などに盆提灯が普及している理由は別の言い方をすると何故そういう地方に初盆の行事が盛んになったかという問いになる。

これらの地域に初盆行事が根強く残っている理由は、多くの文献を調べても記述はなく、大胆に推察すると下記の様なことからではないか。

 祖霊信仰の影響による
  
日本は仏教が入る前から死んでも霊は不滅で又お盆の日にこの世に戻ってくる祖霊信仰が根強くあり、せめて初めてのお盆くらいは盛大に先祖の霊をお迎えして供養しようという初盆の行事が発生した。
そして祖先の霊がこの世に帰りやすい様にするための目印としてお迎え提灯ができお墓や玄関の入り口に飾られた。しかし、原則として霊の存在を認めない仏教が普及してくると、仏教の影響を受けて先祖の霊を供養する初盆の風習が少なくなったのではないか。
特に浄土真宗では阿弥陀仏への帰依を強調し祖先の霊の存在を認めない。従って真宗の影響の強い地方ではあまり初盆を盛大に行わず提灯も飾らない。

当時の仏教は京の都を中心に地方に拡大していった。九州など都から遠い地方は比較的仏教の普及もゆるやかで遅れ、古来からの祖霊信仰による多くの風習が仏教に勝り、今日初盆の行事が盛んに行われるのではないか?
  
 
 当時、先祖供養の普及に努めた武家、僧侶、貴族の有力な指導者がいたのではないか
 
(例・・・相馬地方の二宮尊徳)



歴史・由来編の見出しへ トップページへ