盆ちょうちん
あれこれホームページ



お盆と初盆はどう違うのか


 
私達の先祖は20代までさかのぼると200万人以上になるそうです。この膨大な数の全てのご先祖を供養するのが仏教でいうお盆です。

仏教では「7世の父母」といって7代さかのぼって恩を感ずることが必要という教えがあり、(7代とは6代、7代の7代目でなく永遠の意)特定の死者だけを供養する初盆という観念は仏教ではあまりないようです。

特に亡くなってから満1年を経過してない人が初めて迎える盆を初盆又は新盆(にいぼん)と言い、特別にお飾りやお供えを盛大にしたり、先祖代々の位牌とは別にその人の位牌だけを取りだして安置したりする。

また初盆を迎えた家には、葬儀に参列した人々の中で特に親しい人や、兄弟、お世話になった人が提灯や盆花、盆菓子等を贈る習慣がある。

はるか昔になくなったご先祖方に比べ、つい最近まで家族の一員だった人に対して追慕の気持ちも強く、特別にもてなしたいという心から初盆の風習が始まったと考えられます。

初めてのお盆を迎える遺族の方たちは特に感慨深いことでしょう。親しい方に初盆を迎える人がいる場合はお盆の期間はもちろん、その前後でもよいですから一度お見舞いかたがたお参りに行ってあげるとよいでしょう。




歴史・由来編の見出しへ トップページへ