盆ちょうちん
あれこれホームページ


工芸品の盆提灯は又先祖供養の仏具とも言われますが
工芸品と仏具はどういう関係になりますか



盆提灯は工芸品ではあるが、絵画や彫刻の如き主として鑑賞を目的とした芸術品(美術品)ではなく、又お土産や観光的要素の強い民芸品とも違う。

さらに我々が日常生活に用いる日用品とも性格を異にし、工芸品だけでなく、先祖供養のために用いられる仏具としてのもう一つの顔がある。

先祖供養とは現代人に忘れがちな感謝の心を、先祖に供養して我々生きている者が、培うことで、その培った感謝の心で生活すれば、毎日が安らぎのある、うるおいの多い幸福な人生となり、物質的ばかりでなく、精神的にも豊かな日々を送れることになる。

そういう感謝、幸福、精神充足という大切な役目を仏具としての盆提灯は持っているが、その様な高い意識をもって盆提灯を贈ったり、飾ったりする人は、残念ながら少数であるのが現実である。

大部分の人は社会的慣習からの延長にすぎず、第一次機能の価格(安さ)、予算を最優先し、次に工芸品としての機能、品質、装飾、造形美を重視して、盆提灯のもう一つの顔である仏具の性格、機能をあまり重視しない。従ってともすれば形式的になりすぎて、新生活運動等に影響され易い面を持っている。

これは盆提灯を作っているメーカーにも責任があるわけで、仏具は本来この世に出現してきたからには、必ずその出現の意味や必要性があるので、それを根気よく商業ベースにのせながら消費者に啓発していかなければならない。

今後は工芸品としての機能性や、装飾性を重視しながら仏具として、安らぎやうるおい等の精神的充足感を盆提灯に表していって、本来のもう一つの目的と達成していかねばならない時に来ているのではないか。

従って今後の盆提灯は、新しい戦後生まれのニューファミリーが間もなく購買の主役となるので、仏具であるがしかしできるだけ仏様イメージの少ない新工芸仏具を目指していくのが妥当でなかろうかと考えられる。


お客様の盆提灯の購買基準
 価格(予算)                 60%
 使いやすさ(機能性)         }   30% 
 見た目の美しさ(装飾性)
 その他(うるおい、安らぎを与える仏具として) 10%




製造編の見出しへ  トップページへ