盆ちょうちん
あれこれホームページ



多くのお祭りには提灯が飾られている場合が多いが何故か



日本の祭りの多くは仏教よりも古来の神道の影響を受けている。神道では祖霊信仰や怨霊信仰で祖先の霊を認め、たたりやバチがあたるという思想がある。又、全ての自然に神を認め、山の神、海の神、水の神、稲の神等、それぞれの神に五穀豊穣の祈りや感謝をし、又逆にそれらの神のたたりを恐れて魔よけ、災いよけの神事を多く行っていた。

こうした神事を行う時、目に見えない形のない神に対して、ただ心の中で祈ったり、誓願したりでは不十分で、どうしても形のある何か対象物としての用具が必要となっってきた。これが神道でいう依代(よりしろ)で、祭場に柱を立て神の居場所を作ってそこに神を招き、祭りを始めた。

これが祭りのルーツで、この神事としての祭りを行うための依代が榊(さかき)、じゅず、御神木、神輿(みこし)大旗、お線香、ローソク、お花、お供物等で当然祖霊の送迎の目印となる提灯も必要となってきて用いられる様になったのである。





歴史・由来編の見出しへ トップページへ