盆ちょうちん
あれこれホームページ


お盆に提灯を飾る風習はいつ頃始まったか。誰がこの風習を作ったか。



文献の上では鎌倉時代の「明月記」に寛喜2年(1230年)7月14日に京都で精霊迎えのため、高灯籠が用いられたとある。

当時の盆提灯は高灯籠といって庭先や門口屋根の上に高い竿を立てて、その先に付けて精霊の送迎の目印にした。

江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、又ローソクが大量生産によって安価に入手できる様になってから提灯がお盆にも広く用いられるようになった。

江戸時代の盆提灯は切子灯籠が精霊迎えとして多く用いられ(現在ではお迎え提灯)その他では簡素な白張提灯が主で、彩色のある提灯や変形ものは殆ど使われず、明治に入って勅使河原直次郎翁によって彩色のある優美な岐阜提灯や大内行灯が改良、完成され今日の盆提灯の主流となっている。

有名な江戸新吉原の玉菊灯籠には切子灯籠が用いられた。

中国では元、明時代からお盆に提灯が飾られたとある。(楚歳時記)

お盆に提灯を飾る様指導した人は誰か文献には出ていないが恐らく僧侶や、信仰心の厚い武家や貴族であったと思われる。



     

歴史・由来編の見出しへ トップページへ