盆ちょうちん
あれこれホームページ


TRONって何のこと?



 トロン(TRON)とは「The Real-time Operating system Nucleus」の略語です。
何の事かと云うと1984年、東京大学教授の坂村健氏によって提案された新しい方式のコンピュータ仕様規格のことです。来るべき高度なコンピュータ社会を見据え今までのコンピュータの問題点を整理して解決し、それを基にして新しいコンピュータを作っていこうというものです。

 この提案に賛同する産業界と大学の協力のもと「トロンプロジェクト」推進組織が発足しました。以来、21世紀に向けての人間のより良い生活を実現するために必要な、たいへん幅広い範囲を対象としたコンピュータ新体系構築のための研究開発が行われています。 

 トロンプロジェクトが目的とする最終ゴールは「どこでもコンピュータ環境」の実現で、それは超分散処理と呼ばれています。一つのコンピュータが何でも出来て何もかも仕事を受け持つというのではなく、人々の身の回りのいろんな器機に小さなOS(つまりは小型単機能コンピュータ)を組み込み、コンピュータの能力を小さく分散しておき、それらをデータ通信ネットワークで結んで連絡しあい人々の生活を助ける一これが「どこでもコンピュータ」という生活環境です。

 この小さなOSというのがトロンOSなのです。トロンOSを使うと小さな機械の中に入り、軽快で反応が速くきびきび動くコンピュータシステムを作ることが出来ます。実は、既に私達が普段使っている身の回りの器機には至る所にトロンOSが組み込まれています。皆さんが持っている携帯電話をはじめ、電気炊飯器、エアコンのリモコン、ビデオ(ソニー全機種)、ファクシミリ、自動車の電子燃料噴射制御(トヨタの全車種)、エレベーター、電話交換機などたくさんあります。
  
 今やトロンOSは全世界で年間数億個以上使用されていて、Windows とは比較にならないくらいの多くのコンピュータ(大型のものから小さな物も含めて)がトロンOSによって動いています。
トロンプロジェクトはこの「どこでもコンピュータ環境」を構築すべくこれらの分散しているコンピュータが互いにデータ通信ネットワークによる意志疎通が出来るように弱い標準化という方法を基に実現へ向かって研究しています。

 

身近なこととしては


 トロンプロジェクトはサブプロジェクトを持ち、その中に私達が日頃扱うパーソナルコンピュータ部門があります。それがBTRON(ビートロン)と呼ばれるものです。
「どこでもコンピュータ環境」は一足飛びに出来るものではありません。目的に向かう計画の中21世紀初めの現在の社会環境のなかでパーソナルコンピュータはどうあるべきかの仕様設計が考えられています。そのBTRON仕様に基づいて作られたのがこのホームページを作成した「超漢字」と呼ばれる国産のOSです。

 現在パーソナルコンピュータを私達一般の人が買うとすればWindowsマシンかMacintoshのどちらかになります。どちらもある面においてはよく出来たOSです。少し説明を受ければとりあえずは使えるくらい初心者にも親切で痒いところに手が届くようです。1980年代のパーソナルコンピュータはこうはいきませんでした。2階の窓からほうり投げたいくらいいうことを聞いてくれません。というか聞かせられなかったというのが本音。すごい技術の進歩で感心しきりです。
  
 しかし痒いとことろに手が届くが如く親切なあまり、OS自体がベラボーに巨大な図体になってしまいました。おかげでハードウェアーの方も性能アップを求められ留まるところを知りません。マシンの発熱によってやかんで湯が沸きそうです。また起動時間が1分30秒〜2分30秒くらいかかり、少林寺拳法伝授の回し蹴りをくれてやりたい程長い時間です。

 もう一つ、今やこれだけ高性能になったにも拘わらず、漢字表示能力だけはあまり感心出来ません。
ワープロで手紙を書いているとき、人名や地名がどうしても出てこない。しかたなく他の似た漢字で済ませることが皆さんも経験済みと思います。ここのところは痒いところに手が届かないようでして、私達が今まで築き上げてきた漢字文化を高性能コンピュータがうまく表現出来ないのは大変困ったことです。
 WindowsやMacintosh の設計者の皆様も今少し漢字文化圏の実情をご考慮頂きたいものです。が・・・

 しかし、心配ご無用! BTRONが存在します。

 トロンプロジェクトでは文字表現を含む文化的な制限はコンピュータ上であってはならないと考え、BTRONにおいて「使用者が使える文字をコンピュータ側の都合で制限はしない」との方針をとっています。起動時間もごくわずかで私のバイオノートは20秒、軽快かつ安定した動きを誇ります。

        
 
            
 世界のあいさつ言葉ですべて「こんにちは」です。

  森    小平  渡 
  
 JIS第一、第二水準では出ない人名です。

 BTRON仕様に準拠してつくられたOS「超漢字」では買ったその時から世界中の 171,500文字が使えるようになっています。何も難しく考えることはありません。ワープロで凡ゆる漢字が簡単に自由自在に使えるということです。提灯業界においても昔の文字を使用する場合がありお坊さんが書かれた戒名の確認などにも使えるのではないかと思います。



 トップページへ