盆ちょうちん
あれこれホームページ



白紋天、白絹の提灯は紋を入れないと、相手に悪いのでしょうか



盆提灯にも最近は家紋を入れる人が多くなってきている。

提灯に家紋を入れるしきたりの由来は江戸時代からあったが、祖霊の送迎用の目印として白張りの提灯に多く入れられた。

現在では初盆のお迎え提灯は(初盆の盛んな地域では)、白張りの紋入りが多いが、その他の吊や置き提灯の白張りや色物にも、家紋を入れる人が増えてきている。

しかしこの家紋のしきたりも各地方まちまちで白張りに家紋を入れない地方も数多くある。従って、家紋を入れなければ失礼だとか、だめだとかいう問題は各地方のしきたりに従うのが無難の様です。

家紋は、本来は神々のシンボルで、その神を奉じる種族がこれを用い、遠くメソポタミア文明の時代から有り、シルクロードを経て日本へ入って来たらしい。

日本でも古代には神社や祭壇に付いて、神のシンボルとして使われていたらしいが、本格的に使用され始めたのは、苗字の発生の平安中期頃(約900年前頃)。

最初、日常生活では牛車やもろもろの用具、あるいは衣類に武士社会では鎧や旗指物、陣幕に使用され、戦場におもむく時は神のシンボルとして神のご加護を願った。

我々の祖先は昔から家紋を祖先の顔として大事にしており、単に敵味方の識別だけでなく、祖霊信仰の影響から祖先が我々を守ってくれるという意味のお守りの替わりとしても使っていた様である。



販売編の見出しへ トップページへ