盆ちょうちん
あれこれホームページ



初盆やお盆に提灯をかざらないとバチがあたるか、たたりがあるか。




提灯を飾って先祖供養をすれば祖霊は満足して成仏し、しないと成仏せず悪霊となって我々子孫に災いを及ぼすという怨霊信仰は昔から大変争いの多い問題である。

これは死後霊魂はあるかという問題にもなり、普通は神道及び古来日本の民俗信仰では肉体は滅びても霊は肉体から離れて永遠に生き続け、この世とあの世を往来するという霊魂実在説にたつが、仏教では原則として霊魂の存在を認めない学者宗派が多い。(浄土真宗は絶対に祖霊を認めない)しかし霊魂を認め、また行事としても定着している宗派や学者もおり仏教伝来(552年)と共にこの2つの考え方が結びついて神仏混交となって今日んび至り問題と一層複雑にしている。

一般に霊魂実在説に立つ神道や一部の仏教学者や宗派では悪いことをするとバチがあたる、たたりがあるという怨霊信仰、地獄思想を持っている場合が多く我々日常生活でも、いろんなことでバチがあたる、たたりがあると思って不安になったり、地獄へ行くといって相手を責めたりすることはよく経験することである。

いずれの考え方をとるにしても要は心の姿勢、生き方の問題ともなり、言える言は提灯を飾って祖霊を迎え供養し、感謝する優しい心を持つことは決して悪い事ではなく、やらないよりはやった方が自分の心も落ち着きケジメもつけられるのではないか。

お釈迦様は「世尊よ死後霊魂はあるものでしょうか」と弟子に問われ「私は知らない」と答えている。この問答によって、仏教では原則として霊魂は存在しないと解釈する人が多くなったのではないか。

寺内大吉氏は霊魂は「ある」が実在しないと言って怨霊信仰を否定している。

一方ラフカディオ・ハーンは「我々の精神の中には百万年間の先祖の魂、性格が圧縮され、潜んでいる、ただ単に50年の生涯ではない」と言って霊魂実在説にたっている。




歴史・由来編の見出しへ トップページへ