盆ちょうちん
あれこれホームページ


初盆の時は白木や征、白紋天の提灯でないといけないのか




昔は神道の影響もあり又、彩色技術も幼稚であったので、初盆には征や白木、白紋天が多く使われた。

しかし、初盆の行事は日本では神仏混交で仏教の影響も強く受けていて、仏教の教えでは征や白木は不浄なものを清めるという思想はあまりありない。

従って、彩色技術や蒔絵技術が進歩した明治以降今日まで、初盆の時白木や征よりもむしろ、蒔絵、銘木、回転行灯などが使われる場合が近年は圧倒的に多い。

但し、まだ昔のしきたりにこだわる人が一部いらっしゃいますので、こういう方には白木、征を贈った方が無難かと思われます。

お迎え提灯は白紋天の無地の提灯が多く用いられる。(追記)九州の筑後地方ではお迎え提灯に秋草入りを使いますのここでも地方差はあるようです。

初盆に黒や色物の提灯を贈ったりしたら失礼にあたるとか、バチがあたるということは絶対にございません。




販売編の見出しへ トップページへ