盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯の図柄は花が多いが何故か、花でないといけないか





花でないといけないという決まりは特にないが、昔から花鳥風月が多く用いられている。花(特に秋の七草)が多く描かれるのは、盆提灯も仏具の一種なので、仏壇に供えられる供花の意味を連想して提灯に花を通して先祖供養の大切さを訴えているからでもあろう。


供花の意味

一般的に花は美しいが故に装飾にもなり我々の心をうるおし、安らぎを与えてくる。嬉しいときには祝花として結婚式や誕生祝いに盛んに用いられ、悲しいときにはお見舞い用や、仏様の供花として幅広く使われている。

仏教的には供花は慈悲のシンボルと言われる。
   慈・・・よろこんでいる人に共に喜んであげる。
   悲・・・悲しんでいる人に共に悲しんであげる。
   葬式、法事の供花・・・家族を失って悲しんでいる人々の心をやさしく慰める。
   仏壇、お墓の供花・・・彼岸、お盆朝夕のおつとめ、亡くなった先祖への感謝の気持ちを表現している。
   人々に人生の無常を知らせる・・・花の生命は極めて短い。肉親を失ってはじめてこの世の無常に気がつ
   いた人に「いつまでも花は赤くないよ。この短い一生の間にお前は一体何をしたらよいか」と花は呼びか
   ける。

昔は鳥の絵柄も多く用いられ、最近では絵柄も多様化の動きがあり、山水画やお経、仏様、人生訓なども新しく描かれるが、まだまだ秋の七草を中心にした花柄が圧倒的人気を得ている。   





製造編の見出しへ  トップページへ