盆ちょうちん
あれこれホームページ



家紋について説明して下さい



家紋は家の象徴であるといわれ、武将が戦陣において勇猛心をかきたて、時には困苦に耐える活力素となり、時には苦難克服の精神的な糧として不思議な力を発揮して目に見えない家の保護者であった。

日本の苗字は10万種あるとされ、家紋の数は1万種なので10家は同一の紋ということになる。

家を象徴として生まれ、長い歴史を経て来た家紋は、戦後の家族制度の崩壊、核家族化への移行にもかかわらず、復古ブームにのって静かなブームになってきていて、衣服、鎧、かぶと、刀剣、瓦、石碑、仏具、家庭調度品、船舶の帆、お墓、のれん等、多方面に用いられ、最近では三、五月の節句用品、盆提灯にも多く用いられる様になってきている。


家紋のおこり
 ・最初は衣服、調度品の装飾として用いられ、しだいに家の標識へと変化し、武家の場合は見方を識別する目
  的、及び武勲を明白にするための旗印、更には家門の団結を示すための象徴として用いられる様になった。

 ・江戸時代になって、戦乱のない平和な時代になると家紋の用途も著しく変化し、服装による威儀を正す目的
  に用いられ、その後衣服が一段と華美になるにおよんで家紋本来の目的は忘れられ、主に装飾、アクセサリ
  ーとして使われ現代に至っている。

家紋を入れる理由
 ・信仰的要因・・・・人間は常に不完全で毎日不安定な生活をしているので、絶対者としての神仏に頼ろうと
  する自然な感情が誰にもあり、この気持ちが宗教に帰依し一切の災厄を除去し延命息災、子孫繁栄、あるい
  は福徳円満の願望を家紋に託する様になった。

 ・尚武的要因・・・・武家は武を尊び、威儀を正すための目印として鎧、かぶと、刀剣、旗等に多く用いた。

 ・賞美的要因・・・・衣服や牛車を美しく飾ろうとするために装飾、アクセサリーとして用いられた。

 ・記念的要因・・・・各家門にとって極めて栄誉とされている事跡や、祖先の発祥を永久に記念しようとした
           歴史的事実から生まれたものである。



販売編の見出しへ トップページへ