盆ちょうちん
あれこれホームページ


提灯の有名な産地はどこですか



提灯の生命は材料の竹(ヒゴ)と紙(火袋)で決まる。古来良質な竹と紙の産出する所と、水のきれいな交通機関の便のよいところに発達した。

又、江戸時代以降、各地の庶民に仏具としての盆提灯、照明具としての行灯(あんどん)、各地の祭りに使われる祭礼提灯、神社、仏閣に捧げるご神燈や灯籠祭礼の需要が増加するに従い上記の条件を備えた日本各地に地場の提灯屋が誕生し今日に至っている。

その中で特に大きな産地は長良川の清流と豊富な竹、和紙の本場とされる美濃紙を産出する岐阜が江戸時代から岐阜提灯として有名で提灯の本場てされている。

他方、福岡県の八女提灯が岐阜と並び産地として有名で近年銘木、絹張りなどの新技術で岐阜にないオリジナルな方向を出している。(追記)現在は八女と岐阜のメーカー交流が盛んになり互いの商品構成は区別がつきにくくなっています。

名古屋提灯・・・近接の岐阜提灯の影響を受け発達してきたが、祭り提灯、装飾宣伝提灯などが主力である。

京提灯・・・山城、丹波、丹後で良質な竹が産出し地元の神社仏閣の仏教文化と相まって神仏用の提灯を主力とする京提灯が発生した。

この他飛騨古川提灯、小田原提灯なども有名だが、日本の各地には小規模ですがそれぞれ特徴のある地張りの提灯屋があるが、時代の変化や後継者難のためこれらの業者も漸減しつつある。


 
歴史・由来編の見出しへ トップページへ